Rakuten, Inc.

- Produced by Commerce Tech -

さらば現金?!楽天キャッシュレス化の実態とは?

皆さん、こんにちは。

世の中では急速にキャッシュレス決済が広まってきていますが、皆さんはもう利用していますか?

 

楽天グループでは、「楽天ペイ(アプリ決済)」をはじめ、「楽天Edy」、「楽天ポイントカード」、「楽天カード」など、キャッシュレスで決済可能な様々なサービスを提供しており、グループ全体でキャッシュレス社会を推進しています。

 

楽天のキャッシュレスサービスをもっと世の中に広めていくために、まずは社員が率先してキャッシュレスを取り入れないといけないですよね!

 

なので当然、楽天クリムゾンハウス内は完全キャッシュレスな環境になっています!

 

楽天に入社した社員が一番初めにすることは、スマホに楽天ペイを入れることだったりします。普段から現金はほとんど使わないという社員も多く、中には財布を持たずに出勤している人もいるほど!

 

コンビニ、カフェ、クリーニングなどなど、楽天クリムゾンハウス内にある店舗を利用するときは全てキャッシュレス決済のみ。

セミナーなどで社外の人が入ることができるスペースには、唯一現金が使える自動販売機が設置されていますが、社員が使うことはほとんどありません。

社員が普段使用する自動販売機には、このように現金の投入口がありません。

benefit_0004_01

1本89円のペットボトルのお茶(安!)もカードやスマホでスムーズに購入。

1円単位で価格設定できるのも、キャッシュレス自販機ならでは。現金の自販機より割安に買うことができて、お得感がありますね!

 

楽天カフェ(→過去記事へリンクはる)や楽天ストア(→過去記事へリンクはる)でも、もちろん支払いはキャッシュレス決済。

benefit_0004_02

レジに行列ができても、おつりのやりとりがないのでお会計がスピーディで待ち時間が長くならずにすみます。

楽天カフェや楽天ストアには楽天Edyチャージ機が設置されているので、現金でチャージしたいという楽天Edyユーザーも安心。

 

benefit_0004_03

社内に限らず、楽天グループの取り組みとして、東北楽天ゴールデンイーグルスのホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」、

完全キャッシュレスガイド|東北楽天ゴールデンイーグルス

そしてヴィッセル神戸のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸 2019シーズン完全キャッシュレス化

においても、2019シーズンから完全キャッシュレス化に。

スタジアム内での飲食やグッズの購入などは全てキャッシュレス決済になっています。

 

そして、キャッシュレス決済は買い物だけにとどまりません!

何と東京都港区にある愛宕神社では、楽天Edyでお賽銭ができてしまうのです!通常のお賽銭箱の隣に「楽天Edy賽銭箱」が設置されており、テンキーが付いているので金額を入力したら、あとは楽天Edyをかざすだけ。

金額は1円単位で設定できるので、88円など末広がりな金額も献上可能です!

(愛宕神社は創業当時より、楽天グループの役員一同で毎年参拝させていただいている、楽天とは非常に縁のある神社なのです♪)

 

たくさんのメリットがあるキャッシュレス決済ですが、現金を持っていないと不安という人もまだ多く、日本は世界と比べてキャッシュレス化が遅れていると言われています。

でも、これから様々な場所や機会で、もっと手軽に、もっと便利にキャッシュレス決済が利用できるようになって、“キャッシュレスが当たり前の世の中”になるのも、

もうすぐかもしれませんね!

ちなみに、楽天ペイアプリは「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画しています。お得な還元が受けられますので、キャッシュレス決済をまだ利用したことがないという方はぜひ!

楽天ペイ:【キャッシュレス・消費者還元事業】楽天ペイアプリなら対象店舗で最大5%還元!