自分の手掛けたものを多くの人に使ってもらいたい――新卒インタビュー第1弾【働くかたち】

皆さん、こんにちは。R-Hack編集室です。
2022年4月、楽天グループにフレッシュな仲間が加わりました。どんな人が、どんな思いで楽天グループにやってきたのでしょう。今回は新卒インタビュー第1弾として、静岡出身のAckさんに話を聞いてきました。
――本日はよろしくお願いします。早速ですが、自己紹介をお願いします

2022年4月新卒入社のAckと申します。実家は静岡で、名古屋工業大学を卒業しました。趣味はカラオケとYouTubeの視聴です。学生時代はWEBアプリケーションのバックエンドの開発を研究室で行っていました。本日はよろしくお願いします!

 

 

※写真左から同期のGoさん、Ackさん本人、同期のVolgaさん

――カラオケやYouTubeが好きなんですね

カラオケはアニメソングをよく歌います。最近だと、『鬼滅の刃』の主題歌を原曲キーで歌っています。ギリギリ出せるか出せないかくらい、高音を出して歌うとストレス発散になるんです。YouTubeではゲーム実況を楽しんでみています。

――あの高音を歌えるんですね!? 今度ぜひ聞かせてください。さて、本題に入りまして……なぜ楽天に入社しようと決めたんですか?

自分の手掛けたものを多くの人に使ってもらいたい、という思いがありました。そこで、まず大規模なサービスをやっている会社、いわゆる大企業やメガベンチャーを検討しました。その中で、楽天グループは大規模なサービスをいくつも手掛けているので、様々なことを学ぶことができ、多くの人に使ってもらえるサービスに携われるんじゃないかと思い、入社を決めました

――自分のアイディアをプロダクトに活かしたい、そして大きなサービスを持っている会社だと目標を達成しやすいということですね。他にもカルチャーや業務内容、働き方などで入社の決め手になったものはありますか

1番は、楽天グループ従業員の皆さんの人柄です。楽天に入社を志望するきっかけとなったのが、インターンの選考だったんです。自分のスキルをプレゼンして企業の方に見てもらう「逆求人」というイベントがあって、そこで楽天グループの人事の方からインターンのお誘いをいただきました。そこから選考まで、本当にお世話になったので、素晴らしい人柄の方がたくさんいるんじゃないか、そんな場所で働きたい、と入社を決めました。

――インターン時期の思い出エピソードはありますか

メンターの方にも、すごく良くしていただきました。インターン終盤で、フロントエンドとバックエンドの結合がうまくいかず、かなり時間がかかってしまったんです。でも、そのメンターの方は自分の仕事が終わっても、つきっきりで見てくださいました。本当に感謝しています。

――それでは次に、なぜアプリケーションエンジニアを志望したのか教えてください

はい、自己紹介でもお話した通り、学生時代にWEBアプリケーションのバックエンドを開発していました。開発をしていく中で、値を入力をした時に思った値が返ってくる、つまり思った通りにプログラムが動くということがとても気持ち良かったんです。
ちょっと自分でアレンジした値を入力しても、変わらずに正しい結果が返ってくると何とも言えない達成感を味わえます。そんな学生時代の経験やスキルを活かしたいと思い、WEBアプリケーション全般の開発ができるエンジニアを志望することに決めました。

――なるほど。それでは実際に入社して、研修はいかがでしたか
研修はすごくいいところがたくさんありました。研修は個人で2週間、そのあとグループで1カ月の間、WEBアプリケーションの開発を行いました。そこで感じたことは、同期の皆さんが非常に活発だということです。
分からないところは教え合いながらやってきました。かなり開発が進んでいる人がいるグループには、グループの垣根を越えて、席が遠くても聞きに行ったり、逆にその人が休憩時間にわざわざ席まで見にきて、教えてくれることもありました。

――お互いに対面で話す機会があったんですね

そうですね。研修ではほぼ毎日出社していました。同期はすぐ隣にも、少し離れたところにもいるんですが、声をかけやすい状況、雰囲気だったので、すぐに仲間になれました。とにかく元気で、うるさいといわれるくらい盛り上がります。仕事の後も週に何度もご飯に行くくらい仲良くなりました。

※社内研修のミーティング風景

――お互い助け合いながら研修を乗り越えたんですね。他にも良かった点はありましたか?

残業については、事前に残業時間はみなし40時間との話があったので、40時間の上限まで残業するものだと思っていたのですが、実際は定時に帰れますし、残業すると怒られるような環境です。強制される残業ではなく、自分のペースに合わせて働くことができるんだと実感しています。
それから、オフィスの設備が素晴らしいです。3食無料の食堂は、食費の面でも栄養の面でも助けられていると思います。カフェもあって有料で色々なメニューがあるんですが、自分はココアが好きなので、ここ最近はとてもよく飲んでます(笑)。

――今後楽天で実現したいことや、将来のキャリアプランについて教えてください

配属先が約3週間前に決まり、楽天ペイのオンライン決済システムを開発・運用する部署に配属になりました。そこが止まってしまうと、楽天ペイのオンライン決済全体が止まってしまう重要な部分ですので、責任を持って開発や運用をしていきたいと思っています。最初はデバッグや小さな機能の開発に携わると思いますが、将来はインフラ周りや保守・運用など、主要な部分を手掛けてみたいです。

――ちなみに配属先は、自分がいきたいと思っていた部署だったのですか

実は第一希望ではなかったのですが、いくつか行きたいとおもっていた部署の中の一つでした。楽天ペイはUber Eatsなどを使う時に利用していました。アプリをこれからたくさん使って、責任をもって開発に携わっていきたいと思っています。

――ぜひ自分のアイディアをプロダクトに活かせるよう頑張ってください! 最後に、楽天に興味を持っている学生に向けてメッセージをお願いします

繰り返しになりますが、オフィスがすごいです。本当に従業員のことを考えて作られているオフィスで、働く環境は最高だと思います。そんなオフィスだからこそ、従業員の皆さんがいきいきと働いてますし、もちろん手掛けているサービスも大規模なものが非常に多く、多種多様です。
僕のように、「自分が手掛けたものを多くの人に使ってもらいたい」と考えている人にはモチベーションにもつながるし、責任感を持って開発ができる素晴らしい環境だと思います。

――ありがとうございました