夏の陣を経て新卒入社 僕が楽天にエンジニアとして入社を決めた理由

2020 Summer short intern

2020年の夏の陣の詳細はこちら


夏の陣 2020 オンラインINTERNSHIP

皆様こんにちは。R-Hack編集室です。

今日は、ショートインターンの夏の陣を経験して楽天に入社した社員の紹介です。

M a cさんは、2017年4月に楽天に新卒として入社されたエンジニアです。

M a cさん、本日はよろしくおねがいします。

こちらこそ、よろしくおねがいします。少し緊張しますね。

緊張なさらず、リラックスしてお話いただければと思います。

ちなみにインタビュー形式の記事を掲載するのは、この記事が初めてになります(笑)

そうなんですか(笑)さらに緊張してきた。。。。

という笑いありの和やかな雰囲気でインタビューはスタートいたしました。

 

f:id:R-Hack:20191228161508j:plain



本当にこのままでいいのか 自問自答していた就活時期

まず、楽天に入社したきっかけが、夏の陣だったとお聞きしています

はい。夏の陣を経験して、楽天に入社を決意しました。

そうなんですね。

では、一つずつお聞きしていきたいのですが、夏の陣になぜ応募されたのですか?

僕は、元々機械系の会社への就職を考えていたんです。

ただ、その時、自分は本当に機械系に行きたいのか、このまま就職していいのかわからなくて、機械系にまったく関係ない分野をインターンで経験して、やっぱ機械系に就職だなと自分を納得させて就職できるようにしようと思ったんです。

他の分野は違うなと自分で認識して、就職を決めようと思ってたんです(笑)

そうなんですね。でも、なぜ、IT系のインターンの夏の陣を選んだのですか?

漠然とIT系は面白そうだなと思っていたんですが、どこの企業のインターンも経験者じゃないと難しくて、、、そんなときに、たまたま夏の陣のページを見つけて、見たら、初心者歓迎!と、これしかない!!と思い応募したんです。

 

人生プランが180°変わった。運命を変えた夏の陣での経験

偶然なんですね(笑)夏の陣の経験はMacさんにとって大きかったのですか?

大きいというか、僕の人生は、この夏の陣を経験したことで変わりました!機械系の就職もやめて、どうしても楽天に入りたくなりました。

すごいですね。夏の陣で何があったのですか(笑)??

夏の陣自体は、1チーム4人で、テーマをもらってサービスの企画からプロトタイプを作成してデモを5日間やるというものでした。

初めてあった人達と議論してサービスを作っていくのが本当に難しかったです。

インターン自体もすごいおもしろかったのですが、一番印象的だったのが、そこで出会った社員の方々でした。

f:id:R-Hack:20191228161542j:plain

自分の想像していた社会人と全く違う社会人がそこにいた。

僕は、ずっと社会人って、スーツを着て、上から指示がおりてきて、それを淡々とこなして、夜は酒場で飲み明かす、テレビとかでも見る社会人像を想像していたんですが、楽天の社員は、全く違いました。

何事も全力で、やりたいことをやってる感じにみえました。

インターン中も社員の方がアドバイスをほんとにたくさんくれて、社員の方も本気で取り組んでるのを肌で感じられましたし、結果にも一緒に喜んでくれたり、何事にも全力で取り組めるこういう人たちと働いたら自分も成長できるなと思えたんです。

こんな出会いがあるとはおもっていなかったので、本当に夏の陣さまさまです!!

待っているだけではダメで、自ら動く事が大事。

夏の陣を経験されて入社されたわけですが、入ってみて何か思ってたのと違うことはありましたか?

楽天に入社すれば、自分も出会った社員の方々のようになれるんだと思ってました。

でも違いました。それに気付くのに半年かかりました(笑)

何に気づけたのですか? ?

待ってるだけじゃダメ!自ら動かないと全然ダメでした。

インターンで出会った社員の方々は、自分で考えて行動してるからあんなイキイキ働けているんだなってのが、実際入社して先輩社員に囲まれている中がで気がつくことができました。

そこから色々変わってきてると思います。

そうなんですね。その気付きは大事ですね。

それが今の業務に活かされているのですか??

ですね。
今は楽天GORAというサービスのAPIの開発を担当しています。

その中で、以前は、指示されたことだけしかやれてなかったのですが、今は、指示されたことだけではなく、GORAのサービスを使うユーザの動きを想像してどういうデータをフロントに返却するのがいいのか、どうやったら効率的なロジックになるのかを考えて、リーダに提案するようになりました。

それからは更に仕事が楽しいです!

 

f:id:R-Hack:20191228161521j:plain

今後の目標は?

Macさんの今後の目標はなにかありますか?

楽天には、優れた功績を残した社員を表彰する楽天賞という制度があるのですが、それを取ってみたいです。

あとは、まだまだ先輩にも助けてもらってることも多いのですが、早くプロジェクトを一人で任せてもらえるようになりたいとおもっています。

そのために、日々頑張ってます! あ、この記事が世の中に出るときは、僕、育休取ってると思います。

仕事はもちろん全力ですが、家庭もしっかり大事にしていきたいと考えてまして、育休を取ることに決めました。

この記事がでるのを家族で楽しみにしてますね。

楽しみにお待ち下さい(笑)

最後にこのR-hackの読者に一言もらえますか?

Commerce companyはおすすめです!業務もスムーズにできるし。働く環境もすばらしいあ、言い過ぎですかね(笑)

でも、本当にそう思ってます。

このR-hackを読んでその空気を感じてもらえればいいなと思っています。そして自分は、このまま育休にはいります!!

みなさん、お元気で!(笑)

お忙しい中お時間いただきありがとうございました!!

インタビュー後記

何事も楽しそうに話すMacさんとのインタビューは、笑いありの楽しい時間になりました。最近は、英語だけではなく、中国語の勉強をはじめたそうで、社内の中国人の人に教わっていると話してくれました。

いろんな国の人がいて、言葉、文化を学べてとっても毎日が楽しいですと。

話してくれました。きっと育休から返ってきたらさらにパワーアップしてるMacさんでしょう。

今回はお話を聞かせていただきありがとうございました!! 

 

夏の陣について知りたい方はこちらをチェックしてください

commerce-engineer.rakuten.careers