ベンチャーを経て楽天に復帰した理由 HRエンパワメントグループ、Markさんインタビュー【働くかたち】

みなさん、こんにちは。R-Hack編集室です。

楽天グループではさまざまな人々が働いています。この「働くかたち」のコーナーでは楽天コマースカンパニーの働き方やお仕事について、メンバーの活動を通じてお伝えいたします。
今回はコマーステクノロジー統括部のHRエンパワーメントグループで働くMarkさんにご登場いただきます。

コマーステクノロジー統括部のHRでは、コマースカンパニーで提供している楽天市場、楽天トラベル、ラクマ、GORAなど開発部門全般のタレントマネジメントを実施し、コマースカンパニーテックについて、様々なチャネルを通してメンバー・カルチャー・働き方等を広く知ってもらい「カルチャーフィットする優秀な方々」の採用を目指しています。

Markさんが所属するエンパワーメントグループでは、メンバーのオンボーディングやキャリアサポート、さらに労務総務関連の支援も実施しています。

お話を伺ったMarkさんは2009年に楽天に中途入社し、ベンチャーへの転身を経て今年からまた復職された経歴をお持ちの方です。さまざまな経験を活かして現在、HRチームで働く方々のエンパワーメントをサポートする役割を担われています。(文中の敬称は略させていただきました)

f:id:R-Hack:20210929072707j:plain

ーーMarkさんは以前にも楽天で働かれていて、また戻ってこられたんですよね?

Markはい、そうなんです。以前は楽天カード開発でプロデューサ、ゴルフサービス開発でマネージャー、そしてコマーステックで採用・労務を中心に担当していました。開発業務の中で採用や育成、予算管理もあったので組織変更を機に専用の部署ができてそこの専任になりました。

ーーそれ以前ってどういうお仕事だったんですか?

MarkIT専門商社のエンジニアから始まり、インターネットカンパニー、ITコンサルを経て楽天に入社、その後一度退職してベンチャー企業のIT部門立ち上げをし、楽天に戻ってきました。

ーー前職となったベンチャー企業ではどのような業務をされてたんでしょうか

MarkCRMのSaas開発企業の採用、育成、予算管理、開発業務のサポートなどをしていました。人手が足りない時は、開発(主に上流設計、運用設計)も担当していましたね。

ーーなんでもやられていたんですね。で、どうして戻ろうと思われたんですか

Markお話した通り私はこれまでに何社かを経験しています。その中で一番良い社風、良い同僚、良い機会に恵まれたのはやはりここでした。あとは成長し続けている点ですね。成長しているといろいろな課題にぶち当たり、その課題を解決する過程がやはり面白いんですよね。

私の配属されたチームは、開発部門のメンバーを労務面、育成面でエンパワーメントしています。部署の志望理由は労務もですが育成に興味があるためです。人が成長する手助けをすることに、やりがいを感じるんですよね。

ーー色々なステージの企業で多彩な経験をされたMarkさんから見て、改めて楽天の魅力みたいなところを教えていただけますか

Mark規模がありますから働くフィールドが多彩なんですよね。自分の得意分野を活かせる。結果的に転職経験が豊富になったので、以前に楽天で働いていた経験を活かしてキャリア形成やコンサルテーション、エンジニアの育成などで力を発揮できるのではと思っています。

ーーキャリア相談はやはり豊富な経験がある方がサポートしやすいですよね

Markはい、特にキャリア形成については、個人的にもボランティアで相談に乗っていたりします。また、組織立ち上げの際、いろいろなチャネルから人を集めたことがあるので、採用・調達という面でも幅広く対応できるかなと。

ーー戻られてからいかがでしたか?

Markようやく3日間の研修が終わりました。。。とはいえ、入社時しか受ける機会はないと思うので、貴重な時間だったと思います。

ーーチームメンバーへの印象はどうですか

f:id:R-Hack:20210929072712j:plain

Markホスピタリティがあふれるメンバーだと思います。私のPCトラブルや、もろもろ業務に必要な権限付与など、親身にサポートしていただきました。このホスピタリティは、社員をエンパワーメントして、ひいては日本をエンパワーしていく源になっているんじゃないかと感じています。
いろいろな部署の人と連携し、価値観を共有し、ネットワークを広げていくことが楽しみです。たくさんのサービスがあるので、いろいろな形でかかわっていけたらと思っています。

ーー逆に課題に感じるところがあれば教えてください

Markやはりリモートワークが中心で顔が見えない中、どうやって生産性を高めていくのか、がチームワークの課題ですね。

ーー最後に楽天で働きたいと思っている方にメッセージいただけますか?

MarkかなりOpennessな企業だと思います。いろいろな企業を経験して思うことは、多くの企業が基本的に村社会な組織で、非論理的な判断がまかり通る中、楽天は基本オープンな組織で、「おかしい」ことは「おかしい」といえる空気がある点が良いと思います。これは、楽天が「精神的安全性が十分保たれている企業」を表しているからだと思います。

ーーありがとうございました!