英語研修のおかげで英語学習に自信をもって取り組めた Kooさんインタビュー【英語学習体験記】

みなさん、こんにちは。

楽天コマーステックでは、入社までにTOEIC800点を取得することが必要です。
そこで今回は、2022年4月に新卒で入社したKooさんに、
入社までにどうやって英語学習を行ったか取材してきました。
楽天コマーステックに興味があるけれど、
英語力を不安に感じている方はぜひ最後まで読んでいって下さい!

――自己紹介をお願いします

初めまして、ECFD(ECファーストパーティー開発部)に所属しているKooです。

大学時代の専攻は情報工学です。講義中に使う穴埋め資料をWebサービスとして開発し、学生の学習行動をログとして収集し分析する研究をしていました。アルバイトでは、Twitter管理ツールを提供している会社でインターン生として働いていました。
趣味は筋トレで、週4日は仕事終わりにジムに行って体を鍛えています。

 

――楽天グループへ入社のきっかけは?                 

新卒向けの就活イベントで、実際に楽天グループのエンジニアの方とお話しできる機会があったんです。それがきっかけでインターンに参加し、楽天グループの働き方やカルチャーを実際に知ることができました。特に「自分で考え、動く」社員の方が多いと感じました。自発的に問題に対してメンバーと連携して動いていく姿は、自分の目指すべきエンジニア像と合致していて、それが楽天への就職の決め手となりました。

 

――所属している部署をおしえてください 

現在は、「Rakuten Fashion」のフロントエンドチームでエンジニアをしています。普段の業務は、Webページの改修や機能追加、サービスの保守、監視です。楽天スーパーSALEなど、多くのユーザー様にご利用いただく期間などは監視を行い、トラブルが起きないよう日々運用を行なっています。

 

――楽天グループでは入社までにTOEIC800を取得することが必要ですが、どんな風に英語学習を行ったか教えてください

初めに中学英語から復習をしました。一通り復習が終わった後、英語学習サービスを使って動画学習をしながら、TOEICの形式に沿った問題を解き続けました。600点を超えたあたりから有名なTOEIC学習本を使った勉強にシフトし、『でる1000問』や『精通模試』、『金のフレーズ』などの問題を解きまくりました。そして、大半が解けるようになった頃に800点に到達しました。

人事チームからのフォローアップも頻繁にあり、実際に上記の学習本は人事チームからオススメされた本でした。学習中に工夫した点は、しっかりと時間を設けて、集中して質の高い勉強をするように気をつけました。隙間時間をうまく使って勉強する方もいましたが、自分は隙間時間では集中できずあまり効果が出なかったので、2、3時間しっかりと時間を設けて、それ以外はやらないとメリハリをつけて勉強しました。

――隙間時間ではなく、きちんと時間を取って勉強に取り組んだですね

はい。英語学習には近道はないと思います。
ただしっかりと学習時間を取って、人事チームにオススメされた確かな学習方法で学習すれば、英語学習時間に比例して、得点を伸ばしていくことができました。

ディクテーションやシャドーイングといった基礎的な勉強法を継続することで、目標の点数を取ることが出来ると思います。          

 

ーー地道な学習を継続してこなすことが大事なんですね。TOEIC800点取得のために、どんなで苦労しましたか?

初めてのTOEICが400点程度だったので、第一段階の目標を600点に設定したのですが、そこに到達するまでが本当に長く苦しかったですね。結果が出ない時は、焦りから勉強方法自体も疑ってしまい迷走することが沢山ありました。その時人事チームの800点取得研修で、マンツーマンで相談できる時間をいただきました。勉強方法を教えて頂いたことで、自信を持って学習に取り組むことができ、結果を出せるようになりました。            

ーー学習前の元々のスコアは400点程だったんですね!すごい学習成果です
ーー苦労して、TOEIC800点を取得できた時の感想を教えてください 

1年かけて800点を取得できたので、「やっとTOEICの勉強が終わる」という安堵感が大きかったです。そこから徐々に嬉しさがこみあげてきて、自分でも800点が取れたという自信もつきました! 

 

――TOEIC800点を取得して英語の捉え方は変わりましたか?

英語は学校の授業で一番苦手な科目だったので、英語が絡む場面は条件反射的に避けていましたが、TOEIC学習を通じて英語に対する苦手意識は消えて、英語を使う場面が来ても難なくこなすことができるようになりました。

とはいえ、まだまだ英語のスキルは未熟なので今も日々努力しています。プライベートの時間にオンライン英会話で外国の方と会話をする習慣をつけています。
1回25分ですが黙り込む場面もなく楽しく日常会話をすることができていますよ。

 

社内や業務においても変化があれば聞かせてください

今のプロジェクトメンバーには、英語がメインの方が多いので、会議はもちろんチャットやコードレビューなども英語で進めています。また、資料は英語で書かれていることが大半なので読み・書き・聞き・喋り全ての場面で英語を使っています。でも、TOEICを通じてしっかりと学習したので、難しい表現がこない限り特に困ることはありません。 

――英語に関連した次なる目標はありますか?

楽天グループ内にはネイティブの方はもちろん、日本人でも英語が使える上司や同期が沢山いるので、800点とって2年弱の自分はまだまだ至らないと毎日痛感しています。ですから今の自分の目標は、もっとビジネスシーンに出てくる表現や会話のスピードに付いていけるレベルになることです。

 

――最後に、楽天への転職に興味を持っている人に向けて、メッセージをお願いします

伸ばしたいことや、やりたいことは自分から動けば裁量を持って働ける環境が楽天グループにはあると思います。やりたいこと、目指したいことをしっかり持っている方はやりがいを感じて働けると思います。是非一緒に働きましょう!