楽天カフェテリア紹介 第一弾!無料で3食手作り料理が食べられる

楽天カフェテリア紹介シリーズ
①: 本記事
②: 毎月45品こだわりの献立メニューを作成! 献立ができるまで
③: 準備中
④: 準備中

みなさん、こんにちは。R-Hack編集室です。

楽天グループ株式会社では、従業員が健康で快適な環境の中で仕事ができるよう、様々な施設や福利厚生を用意していることをご存知でしょうか。
今回は、その中でも社員にとても人気のあるカフェテリアについていくつかの記事に分けてシリーズで紹介していきたいと思います!

単にカフェテリアと言っても、実は本社のある二子玉川周辺だけでも4つもあり、その全てをまとめて紹介することは難しそうです。
なので、今回は筆者が一番よく利用している楽天クリムゾンハウスの9階カフェテリアについて紹介していきたいと思います。

実は過去にこの9Fカフェテリアを紹介したことがあります。今回のシリーズではさらに実際に働いている従業員の方へのインタビューを行なって、安全や健康に配慮されていて、かつ美味しい食事が毎日提供されている裏側についても紹介していきます。

興味のある方は、ぜひシリーズを通して最後まで読んでみてください。

無料で毎日3食、食事ができる!

まずとても大事なことなので、はじめに伝えさせてください。
このカフェテリアの魅力はなんと言っても無料で利用できることです!

外食やお弁当を作ることと比べると、時間や食費を節約できて仕事に集中できる快適な環境が整えられています。

本記事ではランチの食事風景を紹介しますが、もちろん朝食や夕食を食べることもできます。

では、次に筆者が実際にランチ休憩でカフェテリアにて食事をするまでの流れを紹介していきます。

まずはカフェテリアのエントランスで本日のラインナップをチェック

f:id:R-Hack:20220408135437j:plain

カフェテリアに入るとすぐにその日のラインナップが確認できます。

メニューは日替わりなので、毎日何を食べようか悩んでしまいます。

f:id:R-Hack:20220408135503j:plain

今回は麺料理の味噌タンメンに狙いを定めます。

食事が決まったら配膳列に移動。食事はその場で毎日手作り

f:id:R-Hack:20220408134822j:plain

麺料理の配膳カウンターは写真左端にあります。配膳されるまでしばし待ちます。

麺料理にはないですが、その他のメインディッシュではサイズをS / M / Lから選ぶことできるのでちょうど良い分量で食事ができます。

f:id:R-Hack:20220408134813j:plain

またサイドディッシュも選ぶことができます。今回はバランスを考えてサラダを選ぶことにしました。

f:id:R-Hack:20220408135522j:plain

外国籍のメンバーも多く在籍しているので、ハラル料理なども用意されています。

配膳が済んだら、次は席へ移動です。

開放的なテーブル席がずらり。窓際の席は眺めも最高

f:id:R-Hack:20220408134829j:plain

f:id:R-Hack:20220408135604j:plain

テーブル席だけでなく、一人席やソファ席などもあるので、気分によって使い分けながら利用できます。
※ソファ席は衛生面の観点から一時的に利用不可となっています (2022/04/06時点)

食事開始!今回も味も良く量もちょうど良いので、大満足

※現在は感染症対策で弁当形式での提供を行っています (2022/04/06時点)

f:id:R-Hack:20220408145223j:plain

今回は、予定通り味噌タンメンを選びました!

作りたての食事と景色を楽しみながら、リフレッシュした時間を過ごせました。

今月の献立は?日替わりのメニューから好きな食事を選べる!

f:id:R-Hack:20220408135230p:plain※ランチメニュー(2022/4/4~8)

f:id:R-Hack:20220408135248p:plain※朝食・夕食メニュー(2022/4/4~8)

初めにお話しした通り、毎日献立が日替わりで準備されています。

毎日たくさんのメニューを考えて調理してくださっているおかげで、美味しい食事が食べることができていますが、その準備をすることはとても大変そうです。

ということで次回の記事では、カフェテリアを運営してくださっている従業員の皆様にどんな苦労があるのか、どんな風にして献立を準備しているのかを詳しくお聞きしていきます。献立準備の裏側について色々とお話を聞いていくので、また次回の記事を楽しみにしていてください。

最後まで読んでくださってありがとうございました。